女性労働協会認定講師とは

「女性労働協会認定講師」とは、女性労働協会が実施する「講師デビュー講座」を受講・修了し、「働く女性、働きたい女性の支援ができる講師」として協会より認定された方です。

女性労働協会が講師認定・登録を行う理由

急速な少子高齢化社会の進展、経済の低成長時代、人々の価値観も多様化する中で、女性の活躍推進への期待がかつてないほど高まっています。

女性が社会でいきいき働き活躍するには、キャリア形成、ワークライフバランス、健康など幅広い分野での支援が欠かせません。様々な分野で働く女性支援につながるセミナーや講座などの実施が望まれています。

しかし、女性特有のキャリアの課題やニーズを正しく理解し、支援ができる講師は不足しているのが現状です。

 

こうした背景のもと、女性労働協会では、働く女性・働きたい女性を支援することができる講師を育成する講座の開講と修了生の認定・登録制度を始めることとなりました。

女性労働協会は、60年余りにわたり女性労働に関する啓発、能力発揮、両立支援等を行ってきました。働く女性・働きたい女性の支援を担う人材の育成を行い、社会における女性の活躍の一層の促進に取り組んでまいります。

 

女性労働協会認定講師の認定・登録は、これまで培ってきた女性労働協会の実績と信頼を十分に生かして実施する事業です。

 

 女性労働協会概要はこちら

女性労働協会認定講師になるには

 

「女性労働協会認定講師」になるには、女性労働協会が実施する「講師デビュー講座」(4日間)を受講し、修了試験に合格することが必要です。

また、応募要件として、専門的領域を持っていること、働く女性・働きたい女性支援への意欲を持っていることが要件となります。

 認定講師になるには 受講から認定の流れ

 講師デビュー講座 詳しくはこちら

▲このページのトップに戻る